fc2ブログ

水瓶座新月。

2015.02.19 01:27|新月・満月
2月19日8時48分頃、
水瓶座で新月。

旧暦のお正月です。
さあ、これからが本格新年のスタートですよ。


お願い事をする方はこちらです。



水瓶座の30度のサビアンシンボルは「アーダスの咲いている野原」

この野原は、
古代バビロンの神秘的な牧場だそうで、
有名な空中庭園のそばにあったといわれています。

多くの臨死体験者が語る、
暗い洞窟を抜けた後に見たという花畑。
通常の意識から抜け出して、
別の次元や宇宙に行こうとするときの通過点と呼べる場所がそこ。


これから地球に生まれていく魂と、
地球から還っていく魂が出会う魂のネットワークと地上の境目。



魂の故郷です。





前の度数、水瓶座29度のサビアン「さなぎからかえった蝶」では、
ひとりで暗い夜を過ごすように、さなぎから蝶が羽化します。


その蝶が飛んでいく先が、この野原です。







イメージしてみてください。

美しく晴れた空のもと、
視界いっぱいに広がる風にそよぐ花々たち。
ゆっくり呼吸すると、
甘い香りで胸がいっぱいになる。

リズミカルに花から花へとうつっていく蝶や虫たち。
その羽音の軽やかさ。
楽しげに空気を振るわす躍動感。
ますます輝きを増す植物たち。


清冽な水が流れる音。
尽きることなく湧き上がる澄んだ水をたたえた泉。
光にゆらめく水面。

青々とした葉を大空へ広げた木々には、
鳥たちが集い歌っています。



静かで、
にぎやかで、
暖かく
懐かしい・・・


そんな野原へ里帰りしたなら、

わ~い、って
花の中に寝ころんじゃうでしょうね。

もう、
体中の力が抜けてしまう(笑)。




そうさ、
いろんなことがあったはずでも、
すべて投げ出すように、
身体も心も、
投げ出しちゃう・・・

もう、どうでもいい。
ああ、いい気持ち・・・って(笑)




うん、
いいんです。
それで。

ここで、思いっきりリラックスしていきましょう。




蝶の飛翔力を高めるには、極力、積み荷を減らすこと。

こだわりを捨てることです。





さて、この新月、水瓶座のラストの度数で重なった、一瞬ののちには、
月は魚座へ入っていきます。


一瞬、
そんな幽玄とも感じる世界に接触して、
次に用意されたステージへと行くのですね。

そして、
魚座の世界は
境界線のない世界です。


地球に生まれる前、
私たちの魂は皆ででひとつでした。
あなたは私、
私はあなた。
だったのです。



一瞬ですが、
私たちは蝶になって、
そのことを思い出す魂の故郷へ飛んで行き、

次の魂の探究へとスタートを迎えるのです。


ほとんど、
胡蝶の夢の世界、ですなあ(笑)




誕生をわくわくしながら迎えようとしている魂たちや。
地球での修行を終えて静かに何かを悟った魂たちに、
出会うのかもしれません。


たったひとり、
世界にたったひとりでいるという、
世界が自分で満ちていく快感を味わうのかもしれません・・・




そんなことを、
脳内でひととき
妄想するのも楽しいものです(笑)。



おそらく、
新しい覚悟を決めたり、
一歩を踏み出す直前だからこそ、
もうじきやってくる、
復活のイメージが強い春目前だからこそ、


この野原を、
見ることになるのでしょう。

意識的に
力を抜いていくことになるのでしょう。







よい新月を♪








2月のスケジュール⇒ >゜))))彡
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:癒しと潤いのある生活
ジャンル:ライフ

Comment

非公開コメント

| 2024.02 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

mizuki

Author:mizuki
Mizuki(みずき)
占星術師。ドリームセラピスト。
星詠みと夢解きで本質とつながり本来の自分を生きる手助けをしています。エドガーケイシー流の夢解釈で、夜寝て見る夢からメッセージをひもときます。大人のための朗読もしています。プロフィール


夢とアート、樹や花のワーク、ホロスコープ、タロットのセッションを杉並区、新宿区でやっています。
お申し込みの詳細はこちら
お問い合わせ、お申込みは、こちらのお申込みフォームをお使いくださいませ♡

最新記事

yurayura♪

カテゴリ

LIVE MOON

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ページトップへ